沿革 History

昭和26年5月 玉置 一郎 個人経営より有限会社一六を設立
昭和47年12月 レストラン北斗石井店を開店
昭和49年11月 北斗うどん石井店を開店
昭和50年8月 有限会社一六を株式会社一六に改組
昭和51年12月 レストラン北斗駅前店を開店
昭和57年10月 本格活魚の海鮮北斗を開店
昭和59年8月 十六番館2階にカフェマドーヌを開店
昭和60年3月 コンピューターを導入、北斗4店でレストランオーダーシステムを開始
昭和61年11月 株式会社一六 代表取締役会長に玉置 一郎、代表取締役社長に玉置 泰 就任
昭和63年2月 レストラン北斗伊予店を開店
平成1年3月 株式会社 一六を分社化し、株式会社一六(菓子製造)、株式会社 一六本舗(菓子販売)
  株式会社 一六(レストラン)の3社体制にする
平成3年7月 ステーキハウス愛 平井店を開店
平成5年8月 北斗七星(S54年3月 北斗松前店として開店)跡地に、うどん茶屋北斗松前店を開店
平成6年12月 うどん茶屋北斗砥部店を開店
平成7年5月 ステーキハウス愛三津店を開店
平成7年11月 うどん茶屋北斗重信店を開店
平成9年4月 レストランとしては初の県外店、北斗高松太田店を開店
平成10年5月 レストランとしては初の公共施設への出店となる、カフェレストラン北斗を
  総合コミュニティセンター内に開店
平成11年3月 地域食文化等への貢献により、農林水産省主催
  「第7回優良フードサービス事業者等表彰」において農林水産大臣賞を受賞
平成11年5月 ステーキハウス愛平井・三津の両店を閉店
平成11年10月 フレッシュネスバーガー松山湊町店を開店
平成12年7月 カジュアル北斗三津店を業態変更し、うどん茶屋北斗三津店を開店
平成15年7月 カジュアル北斗平井店を業態変更し、釜めし茶屋北斗平井店を開店
  香川県高松市にフレッシュネスバーガーレインボー通り店を出店
平成16年3月 セルフうどんほくとをセブンスター三津店内に開店
  香川県高松市マリタイムプラザ高松内にフレッシュネスバーガーマリタイムプラザ店開店
平成17年1月 道路拡張に伴ってレストラン北斗伊予店を閉店
平成17年7月 レストラン北斗駅前店にカフェを新設し、大幅に改装
平成19年7月 フレッシュネスバーガーレインボー通り店を閉店
平成19年10月 フレッシュネスバーガーレインボー通り店跡地にごはん屋三光店を開店
  うどん茶屋北斗松前店を改装
平成20年10月 海鮮北斗を大幅改装
平成21年4月 釜めし茶屋北斗平井を閉店
  フレッシュネスバーガーマリンタイムプラザ店の運営権をFB本部に譲渡
平成21年7月 カフェマドーヌの経営を一六本舗へ移管
平成22年10月 フレッシュネスバーガー松山湊町店を大幅改装
平成26年4月 旧一六本舗高松太田店のスペースに、北斗高松太田店を増床
平成27年1月 カフェレストラン北斗を閉店
平成27年7月 うどん茶屋北斗三津店を改装、客席を増設
平成27年8月 フレッシュネスバーガー松山湊町店を閉店
ページ最上部へ