沿革 History

1951年5月
(昭和26年)
玉置 一郎 個人経営より有限会社一六を設立
1972年12月 北斗石井店を開店。
1975年8月 有限会社一六を株式会社一六に改組。
1976年12月 北斗駅前店を開店。
1979年3月 北斗松前店を開店。
1982年10月 本格的活魚の海鮮北斗を開店。
1985年3月 コンピューターを導入、北斗4店でレストランオーダーシステムを開始。
1986年11月 株式会社一六 代表取締役会長に玉置 一郎、代表取締役社長に玉置 泰 就任。
1989年3月 株式会社 一六を分社化し、株式会社一六(菓子製造)、株式会社 一六本舗(菓子販売)
(平成元年) 株式会社 一六(レストラン)の3社体制にする。
1993年8月 北斗松前店跡地に、うどん茶屋北斗松前店を開店。
1994年12月 うどん茶屋北斗砥部店を開店。
1995年5月 ステーキハウス愛三津店を開店。
1995年11月 うどん茶屋北斗重信店を開店。
1997年4月 レストランとしては初の県外店、北斗高松太田店を開店。
1999年3月 地域食文化等への貢献により、農林水産省主催
  「第7回優良フードサービス事業者等表彰」において農林水産大臣賞を受賞。
1999年5月 ステーキハウス愛三津店を業態変更し、カジュアル北斗三津店を開店。
1999年10月 フレッシュネスバーガー松山湊町店を開店。
2000年7月 カジュアル北斗三津店を業態変更し、うどん茶屋北斗三津店を開店。
2003年7月 香川県高松市にフレッシュネスバーガーレインボー通り店を出店。
2004年3月 セルフうどんほくとをセブンスター三津店内に開店。
2005年7月 レストラン北斗駅前店にカフェを新設し、大幅に改装
2007年1月 セブンスター石井店を全面建て替え、及びレストラン北斗グループ新業態展開の為、
  北斗石井店を閉店し、北斗七星を(新築)移転開店。
2007年10月 フレッシュネスバーガーレインボー通り店を業態変更し、ごはん屋三光亭高松店を開店。
  うどん茶屋北斗松前店を改装。
2008年10月 海鮮北斗を大幅改装。
2010年10月 フレッシュネスバーガー湊町店を大幅改装。
2014年4月 旧一六本舗高松太田店のスペースに、北斗高松太田店を増床。
2015年7月 うどん茶屋北斗三津店を改装、客席を増設。
2015年8月 フレッシュネスバーガー松山湊町店を閉店。
2017年1月 北斗高松太田店、ごはん屋三光亭高松店を閉店。
2019年1月 海鮮北斗を閉店。
2019年2月 うどん茶屋北斗樽味店を開店。
2020年5月 (株)一六(レストラン)と(株)一六本舗(菓子製造販売)が合併、新制一六がスタート。
(令和2年) 株式会社一六代表取締役会長に玉置泰、代表取締役社長に玉置剛就任。
ページ最上部へ